買取とリースの違い | 中古コピー機、中古複合機のコピー機バスターズ

コピー機バスターズ
お問合せはこちら
厳選カラーコピー機
厳選モノクロコピー機
新品コピー機
メーカー別
機種別
最大原稿サイズ
リース買取強化中!
保守メンテナンスももちろん可能!

運営サイト一覧

  1. オフィス家具・OA販売
  2. オフィス家具レンタル
  3. 金庫通販
  4. オフィスデザイン
  5. コーポレートサイト
  6. クラウド監視カメラ
  7. オフィス移転サポート
  8. オフィス間仕切り工事
  9. 業務金庫通販
  10. オフィス家具通販
  11. ロッカー通販
  12. 書庫通販
  13. ビジネスフォン販売
  14. NTT中古ビジネスフォン販売
  15. サクサ中古ビジネスフォン販売
  16. オフィスチェア情報
  17. オフィスデスク情報
  18. シュレッダー情報
  19. デザイナーズ家具販売
  20. 中古OA機器販売
  21. オフィス家具買取
  22. デザイナーズ家具買取
  23. OA機器買取
  24. コピー機買取
  25. 測定機器買取
  26. 医療機器買取

買取とリースどっちがお得?

お見積り・お問合せ

「中古品の買取」と「新品のリース」を比較してみよう!

・ 支払総額が安くなる。
・ 所有権を得ることができる。(担保になる)
・ 自社所有物なので移転時などの手配が容易。
・ 自由な処分、売却ができる。
・ 別償却や税額控除など税制面での
優遇措置が受けられる。

・ イニシャルコストとしてまとまった金額を支払う必要があるが中古であれば新品の2掛け程度。
・ 減価償却計算・償却資産税の申告納付、保険料の納付などの事務手続きが必要で、事務負担が掛かる。

・ 手元資金にゆとりができる。(金融機関の借入枠の温存が可能)
・ コスト計算が容易になり、資金計画が立てやすくなる。
・ 少ない予算で上位機器・設備等の利用ができる。
・ 全額損金処理ができる。
・ 資金の固定化を防止し、流動性を低下させない。

・リース物件が不要になってもリース期間中は、中途解約が出来ない。
・リース料には、物件の購入代金のほか金利、付随費用、リース会社の手数料が含まれ、支払い総額が買取より割高になる。
・ リースの場合にも優遇税制はありますが、一般的に買取した場合より優遇の割合が小さくなる。机や椅子のように長く使用し、陳腐化が遅く、経済耐用年数が法定耐用年数より長い物件は、購入の方が有利。
・ 赤字法人の場合は、購入の場合の「減価償却費」は任意 償却で繰延べができるが、リースの場合の「リース料」は損金処理され、繰延べできない。

中古コピー機は支払い総額が安くなって自由度も高い!新品コピー機はコスト計算が用意できる!
お見積り・お問合せ