中古と新品どっちがお得 | 中古コピー機、中古複合機のコピー機バスターズ

コピー機バスターズ
お問合せはこちら
厳選カラーコピー機
厳選モノクロコピー機
新品コピー機
メーカー別
機種別
最大原稿サイズ
保守メンテナンスももちろん可能!

運営サイト一覧

  1. 富士ゼロックス複合機
  2. オフィス家具・OA販売
  3. オフィス家具レンタル
  4. 金庫通販
  5. オフィスデザイン
  6. コーポレートサイト
  7. クラウド監視カメラ
  8. オフィス移転サポート
  9. オフィス間仕切り工事
  10. 業務金庫通販
  11. オフィス家具通販
  12. ロッカー通販
  13. 書庫通販
  14. ビジネスフォン販売
  15. NTT中古ビジネスフォン販売
  16. サクサ中古ビジネスフォン販売
  17. オフィスチェア情報
  18. オフィスデスク情報
  19. シュレッダー情報
  20. デザイナーズ家具販売
  21. 中古OA機器販売
  22. オフィス家具買取
  23. デザイナーズ家具買取
  24. OA機器買取
  25. コピー機買取
  26. 測定機器買取
  27. 医療機器買取

中古と新品どっちがお得?

お見積り・お問合せ

実はコピーの枚数でどちらがお得か変わってくるのです!

印刷枚数(以下、カウンター)がある一定数までは一律料金が保留料金となり、また、一定枚数を超えた場合、印刷枚数分の料金(カラー・白黒それぞれに1枚辺りの料金が設定されています)が必要となる保守サービスです。点検・修理時の訪問料金、その際の技術料金はもちろん、交換するトナー部品代金などが保守に含まれますので、印刷料金以外は一切掛かりません。 ※トナーとはコピー機の消耗物品です。

機器の故障や、調整が必要になった場合、スポットにて対応する保守形態です。訪問時の保守作業員の訪問料金、技術料金、その他修理に関わる部品代はもちろん、トナー料金なども有償となります。

保守比較表
つまりカウンター保守を利用した方が、万全の保守体制

そして、コピー機の購入の際2パターンがあります!

・ お支払は、前払いとなります。
・ 一括支払いとなるため、少しお安くなります。

・ 新品コピー機購入お客様のみ承ります。
・ 分割支払いとなるため、初期費用を抑えられます。
・ リース期間は基本5年間になります。

つまり、中古は現金購入が多い!新品はリース契約が多い!

そして、コピー機の購入の際2パターンがあります!

保守代金は、中古と新品あまり変わらないが、新品の機器代は中古より2倍ほど高い。

機器代は、確かに中古より新品が高いが、長期間使用すると保守代金は新品が安い。

つまりコピー機購入前には、まずコピー機の使用頻度を考えよう!
お見積り・お問合せ